07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GB DEC SXL6332 ボスコフスキー NewYear's Concert

ボスコフスキーこそが、楽団と共に成長した叩き上げのコンサートマスター

(30年も勤めました!)といえる存在で、ウィーン・フィルの面々は、いってみれば家族のようなもの。

そんなこともあって、クレメンス・クラウス亡き後のニューイヤー・コンサートを引き継いだのち、

25年もの長きにわたってこの名物コンサートを指揮することになったのでしょう。

ともかく20世紀のJ.シュトラウスの生まれ変わりとしてウィーン楽団に齎した彼の功績は大きい!!!!

名手揃いのウィーン・フィルの面々が、いつになくリラックスした様子で

シュトラウス作品の演奏に取り組むさまが、本盤を聴く度に目に浮かびます!!!

最近、ジャケットの表紙をよく分析する癖が付いています!!!

発売当時の世相や中身の意図する狙いが、表現されているからです。

個人的に数あるボスコフスキーのSXL****の中で録音ピカイチだと思うのが、本盤です。

とても紳士の集まりのウィーンフィルとは思えない。

クラシックレコード通販「RECORD SOUND」 GB DEC SXL6332 ボスコフスキー NewYear's Concert
GB DEC SXL6332 ボスコフスキー NewYear's Concert


指揮者:ヴィリー・ボスコフスキー

オーケストラ:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

録音種別:STEREO

製盤国:GB(イギリス)盤

ランジェリー通販「BerryBerry」
サプリメント通販「サプリプラス」
クラシックレコード通販「RECORD SOUND」

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
11143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
696位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。