FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DE DGG 138 048 アマデウス弦楽四重奏団 シューベルト・死と乙女

39年間という長きにわたり同一メンバーで活動を行い、

豊かな響きと親密なアンサンブルが魅力の4人であった。

ウィーンで学んでいたブレイニン、ニッセル、シドロフだったが、

ナチのウィーン占領を逃れて英国に渡る。

3人は、同じようにイギリスに亡命していた

独墺流派の高名なヴァイオリニスト、ロスタルに師事し、

そこでロスタルの弟子であったイギリス人のロヴェットに出会う。

この4人で1948年に弦楽四重奏団としてデビューした。

籍はイギリスに置きつつも、芸風は一貫してドイツ・オーストリア流を通したと言えよう。

名前の由来も、オーストリア出身のモーツァルトからとったのも頷けますね!!!

芸風としては、ドイツの伝統に根ざしつつ、暖かく重厚な音色と、

適度な緊張感、第1バイオリンのブレイニンのロマンティックな表現に特徴がある。

そのため、ドイツのロマンティックな楽団に共通する事だが、

彼らの解釈と曲が合っているときにはきわめて緊張感と迫力のある名演をするが、

ややマイナーな曲などの場合は凡庸な演奏をしてしまう事もある、という性格も持っていた。

本盤は、結成間もない頃、厳粛な演奏に徹している。

目の前で4人が弾いているかのような錯覚が起きました。

クラシックレコード通販「RECORD SOUND」 DE DGG 138 048 アマデウス弦楽四重奏団 シューベルト・死と乙女
DE DGG 138 048 アマデウス弦楽四重奏団 シューベルト・死と乙女


作曲家:フランツ・シューベルト

演奏者(楽団):アマデウス弦楽四重奏団

録音種別:STEREO

製盤国:DE(ドイツ)盤

ランジェリー通販「BerryBerry」
サプリメント通販「サプリプラス」
クラシックレコード通販「RECORD SOUND」

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
10772位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
690位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。