FC2ブログ
   
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DE EMI C147-00 463/64 リパッティ 最後の演奏会

リパッティが、20世紀のピアノ演奏史に燦然と輝いているのは、

ひとえに残された数少ない録音の素晴らしからではと思います。

リパッティは録音に対しては何時も真剣で一枚のレコードが完成するまでは何度もテイクを重ね、

それがより完成度を高めて、結果として強い説得力を生んだと云われている。

彼のピアニズムを一言で言い表すとすれば、繊細、清潔、透明、端整といった表現が相応しいと思いますが、

ブザンソンの例を聴いても御分かり頂けると思いますが、

既に迫り来る死を避けがたい運命と悟ってたと思われますが、

そのような苦悩を微塵も感じさせずに、常に聴衆の方を向いていたのではと思いたくなります。

これがモノ録音しか聴くすべが無い現代でも高い支持を得ている要因では。

33歳で逝ってしまったことが、何故か、英国のデュプレに重なりあう!!!

33歳の早すぎた死は、何枚も名盤量産するという輝かしい未来を奪い、

歳月を重ねて到達する円熟の境地を与えなかったが、

このルーマニアの才能を惜しむ声は高まりこそすれ、一向に衰えずリパッティ初期盤収集に苦労する

クラシックレコード通販「RECORD SOUND」 DE EMI C147-00 463/64 リパッティ 最後の演奏会
DE EMI C147-00 463/64 リパッティ 最後の演奏会


演奏: ディヌ・リパッティ

録音種別:MONO

製盤国:FR(フランス)盤

ランジェリー通販「BerryBerry」
サプリメント通販「サプリプラス」
クラシックレコード通販「RECORD SOUND」

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
12719位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
778位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。