07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DE EMI C147-01 402/403 ワルター マーラー・交響曲9番

日本の北斎に譬えられたように、まさに80歳にして立つと言った感じのワルターであるが、

本録音はまだ現役バリバリの頃のウィーン・フィルと入れた逸品!!

穏和な表情の中にどことなく哀感が漂うような、独特の味わいがあります。

恩師マーラーはそんな巨匠ワルターの芸風に最もしっくりと馴染む作曲家の1人だったように思う。

低音域を充実させたドイツ的なスタイルで、ロマンティックな情感を適度に盛り込みながら、

柔らかくたっぷりと歌わせた、スケール感豊かな名演だと思います。

本盤は セピア調 とも 落ち着いた色調 とも いぶし銀 とも描写される

独特の英デッカの録音技術で上手くブレンドされた素晴らしい音響です。

コントラルトは、ワルターが英国の郵便局で発掘したという窓口係フェリアで 逸品 です!!!

クラシックレコード通販「RECORD SOUND」 DE EMI C147-01 402/403 ワルター マーラー・交響曲9番
DE EMI C147-01 402/403 ワルター マーラー・交響曲9番


作曲家:グスタフ・マーラー

指揮者:ブルーノ・ワルター

オーケストラ:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

録音種別:MONO

製盤国:DE(ドイツ)盤

ランジェリー通販「BerryBerry」
サプリメント通販「サプリプラス」
クラシックレコード通販「RECORD SOUND」

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
11143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
696位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。