FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GB COL CX1047 カラヤン シベリウス・5番

英EMIの偉大なレコード・プロデューサー ウォルター・レッグは戦後ナチ党員であったとして

演奏を禁じられていたカラヤンの為に、レッグ自ら1945年に創立したフィルハモニアを提供し、

レコード録音で大きな成功を収めた。

1954年にドイツ音楽界に君臨していたフルトヴェングラーの急逝にともない、

翌55年にカラヤンは、ついにヨーロッパ楽壇の頂点ともいえるベルリンフィルの首席指揮者の地位に登りつめた。

ここでレッグとカラヤンの関係は終止符を打つが、

この約10年間に残したレッグ&カラヤン&フィルハモニアのレコードの数々は、

正に基準となるようなレコード であったと断言出来ると思います!!!

演奏はオケに合奏の完璧な正確さを要求し、

音を徹底的に磨き上げることによって聴衆に陶酔感をもたらせ、

さらにはダイナミズムと洗練さを同時に追求するスタイルで、

完全主義者だったレッグとうまが合ったのは当然といえば当然で、出来栄えも隙が無い!!!!

決して手抜きをしないのがカラヤンの信条であったという!!!

DGG盤にない魅力が本盤には有ります!!!もうこの手の曲はカラヤンの独壇場!!!

カラヤンは若いころアーヘンやウルムと云った地方の名もない歌劇場で苦労したことが、

その後の止揚するステップの糧となっていたと語っているが、

感受性に富んだ若い時にこうした職人気質を身につけたことが、本来持つ才能と伴に、

有機的に結びつき細部まで緻密に磨き抜かれたカラヤン芸術を支えたと云ってもよいのでは。

このカラヤン美学はベルリンフィルでや大きく開花するが、颯爽たる演奏で既にカラヤン美学が開花している。

クラシックレコード通販「RECORD SOUND」 GB COL CX1047 カラヤン シベリウス・5番
GB COL CX1047 カラヤン シベリウス・5番


作曲家:ヤン・シベリウス

指揮者:ヘルベルト・フォン・カラヤン

オーケストラ:フィルハモニア管弦楽団

録音種別:MONO

製盤国:GB(イギリス)盤

ランジェリー通販「BerryBerry」
サプリメント通販「サプリプラス」
クラシックレコード通販「RECORD SOUND」

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
11968位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
790位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。